Explore More

A Reverie of Ruffles

非の打ちどころのないシンプルさを実現することは、人生においても、デザインにおいても、簡単なことではない。
このアシメトリックラッフルブラウスがまさにぴったりの例である。

我々のクラフトシリーズの最初の連載は、このブラウスの構造の裏側を掘り下げようと思う。
どのように生まれたのか、なぜこの特定のラグジュアリーシルクを選んだのか、細かいが際立つディテールの正体を語る。
A Reverie of Ruffles
A Reverie of Ruffles
チーフクリエーティブオフィサーのジョナサン サンダースに率いられ、熟練したデザイナーやパタンナーはニューヨークのデザインスタジオに拠点を置く。
このブラウスの制作はバイアスカットから始まる。袖を通した時に、柔らかく流れるように仕上がるよう、まずは大胆に布を斜めに裁断。
熟練されたパタンナーがエフォートレスかつ刺激的な美しいトップスをパターンに起こす前に、ジョナサン サンダースはマネキン上で裁断し、アシメトリックなラッフルブラウスを作る。
A Reverie of Ruffles
「色」は全てのコレクションのキーとなる、そして「ソフトサテン」と呼んでいるこの100%シルクは光沢ある鮮やかな色で染められている。
なめらかな肌触りやエレガントなボディーシェイプを描きつつも、なにより計算尽くされたドレープ仕立てになっている。
これがジョナサン サンダースのデザイン工程やブランドのビジョンとなる。
A Reverie of Ruffles
このガーメントはUSのテクニカルチームによって作られ、トワルサンプルをしなやかなサテンブラウスに仕上げる。
肩からウェストにかけてより優美に動くラッフルを作りあげるために、絶妙な重みのシルクを選ぶ。
クラシックなワンショルダーブラウスは巧みで控えめなディテールを施し、シンプルさの良さを証明している。
そして、寒そうな肩出しルックは案外かわいく見えるかも。

Shop the Story

Back to Top